引越し単身パック | 料金が安い引越し業者の口コミ

引越し単身パック | 料金が安い引越し業者の口コミ

単身パック見積もり交渉術 | 引越し業者に負けない!


搬送

 

引越しの単身パックプランは、一人暮らしで少量近距離引越しなら安いと1万円〜2万円、長距離で荷物が多くても3万円〜5万円程度でおさまります。

 

単身パックは通常プランよりも格安の料金設定になっていますが、それでももっと安くしたいと思いませんか?

 

単身パックをもう一段階料金を安くするためには、引越し業者と交渉することが必須です。交渉次第では、数千円から数万円値下げすることができます。

 

単身パック見積もり時の注意点

 

単身パックを扱っている引越し業者は少なくとも10社以上はあります。見積もり時の注意点としては、各引越し会社のホームページで電話やメールで見積もりをするのではなく、一括見積もりサイトを利用することです。

 

引越し価格ガイドのような一括見積もりサイトで、単身パックの相場を把握しましょう。単身パックで安い引越し業者は、日通、ヤマト、サカイあたりですが中小引越し業者で激安のところもあります。

 

一括見積もりの場合、大手だけでなくあまり名前を聞いたことがない中小引越し業者からも料金の見積もりをとることができます。

 

中小引越し業者は、大手に比べて単身パックの料金は安くなる傾向にあります。まず最初に中小引越し業者の料金を把握し、大手引越し業者と交渉しましょう。

 

交渉の仕方としては、◯◯引越し業者は見積もりで◯万円でしたので、そちらの引越し業者にお願いしようと思っている、旨を伝えましょう。

 

そうすると、最初に提示された金額が嘘のように値引きされて、◯◯引越し業者よりも若干安い金額で再見積もりされて提示されます。

 

その時に、一度すでに◯◯引越し業者にお願いする旨を言ったので、一旦電話を切って◯◯引越し業者に断りを入れる必要があるので、また電話をかけなおす旨を伝えましょう。

 

そして、◯◯引越し業者に電話をしたところ、さらに◯千円値引きしますと言われて迷っている旨を伝えましょう。

 

もし、そこまで安い金額なら難しいと言われるか、じゃあ即決してくれたらさらに◯千円値引きします、といった駆け引きをして最小的な見積もり金額を極限まで値下げしましょう。

 

上記の交渉をすれば、極限まで安くすることができます。引越し業者側からはあまり良くない印象ですが、少しでも安くするためには仕方ないですね。

 

交渉している時の電話対応で、引越し業者のスタッフが期限が悪くなったり、態度が悪くなったりしたら、その引越し業者にお願いするのはやめましょう。

 

搬送作業をするスタッフのレベルも低い可能性が高いので、荷物が雑に扱われたり、時間通りに来なかったりするなどのトラブルが起きることも想定されますからね。

 

以上、引越し見積もり時の注意点と交渉術でした。今後、引越す予定のひとは、試しにこの交渉術を駆使して、値下げをしてみてはいかがでしょうか?

 

単身パック

この記事に関連する記事一覧