引越し単身パック | 料金が安い引越し業者の口コミ

引越し単身パック | 料金が安い引越し業者の口コミ

【SGムービング】佐川急便の引越しの評判や単身パックの料金は?


佐川急便

SGムービングと聞くとあまり馴染みはないかもしれませんが、SGムービングは佐川急便の引越しセンターの正式名称です。

 

SGムービングは法人のお客さんを対象にしてオフィスの引越しを得意としている引越し業者ですが、個人の引越しでも安くて評判の高い引越し業者です。

 

SGムービングの特徴

 

カーゴプラン

学生や社会人の単身の転勤などで荷物が少ないひと対象をしたプランです。目安としては段ボール5箱程度の少量引越しです。料金はカーゴ単位で変動しますが、カーゴの大きさは以下の通りです。カーゴが少なければ1万円前後で引越しもできそうです。

カーゴ

 

チャータープラン

チャータープランは、SGムービングがトラックだけ用意するプランです。トラックだけのため、もちろん荷物の箱詰めや家具の梱包、搬送作業をすべて自分で行う必要があります。引越し当日に指定した場所にトラックが来るので、事前に荷物を準備して、トラックが来たら自分で積み、新居に到着したら積み降ろしをしなければいけません。トラックだけチャーターするので激安の料金で引越しができるというカラクリです。

スタンダードプラン

スタンダードプランは、通常の引越しプランで、小物の箱詰め以外はスタッフが対応してくれます。例えば、タンやソファー、ベッドなどの大きい荷物の梱包、搬出、搬入、開梱、セッティングまで対応してくれます。なかなか自分ではセッティングまでできませんが、SGムービングならすべて行ってくれるので便利です。

まるごとおまかせプラン

SGムービングのまるごとおまかせプランは、名前の通り、小物から大物まですべてお任せ荷造りや搬送をお任せしちゃうプランです。食器類や靴、服などの梱包もお願いできるので楽チンですね。

 

まるごとおまかせプランは、赤ちゃんや小さい子どもがいる家庭で、なかなか手が回らないひとに評判の高いプランとなっています。引越し先では、もとの状態に復元してくれるので、引越し後に片付けをする手間が省けて楽チンです。

 

引越しに伴う住所変更や転居届などの区役所での各種手続きや、インターネット回線の接続やガス、水道、電気などの各種インフラの手続きに集中できるので、引越し直後に片付けをする必要がないのは想像以上に手間が省けて良いですね。

レディースムービング

レディースムービングは、女性スタッフが作業をしてくれるプランです。女性の一人暮らしの引越しだと、男性にお願いするのは不安だったりしますね。引越しのスタッフとはいえ部屋に男性を入れたくない、下着や洋服などのデリケートな物を見たり、触れられたくないひとは多いでしょう。

 

そんな女性の悩みを解決するために、スタッフ自身も女性が行うことで安心して任せられますね。もし、一人暮らしの女性のひとで上記悩みがある場合は、レディースムービングがオススメです。

マンションご入居

マンションへの一斉入居をする時のプランです。新築で立てたばかりのマンションを購入した場合、一斉入居をすることになりますが、その場合、指定の引越し業者にお願いすることが多いです。SGムービングは一斉入居に対応できる引越し業者です。

単品プラン

単品プランは、単品を輸送するプランです。つまり、コタツやタンス、洗濯機、大型家具などの単品を引越し先に届けるプランなので、引越しよりも小規模で輸送したいひと向けのプランです。家具を1個だけ運びたいけど、引越し業者の通常プランを使うほどでもないひとは、単品プランを利用しましょう。

 

以上、SGムービングの特徴でした。SGムービングで単身引越しをしたひとのクチコミを読むと、料金が安くてスピーディーな対応で満足したというような、評判の高い声が多いです。

 

一方、長距離で荷物が多いひとの場合、SGムービングよりも他の引越し業者の方が料金が安いという声もあります。おそらく引越しをするタイミングや、荷物の量に応じて料金は変動するので、一概にはいえないと思います。

 

もし、SGムービングの料金は安いのかどうか悩んでいるひとは、他の引越し業者へ相見積もりをして比較してみることをオススメします。

 

単身パック

単身パック見積もり交渉術 | 引越し業者に負けない!


搬送

 

引越しの単身パックプランは、一人暮らしで少量近距離引越しなら安いと1万円〜2万円、長距離で荷物が多くても3万円〜5万円程度でおさまります。

 

単身パックは通常プランよりも格安の料金設定になっていますが、それでももっと安くしたいと思いませんか?

 

単身パックをもう一段階料金を安くするためには、引越し業者と交渉することが必須です。交渉次第では、数千円から数万円値下げすることができます。

 

単身パック見積もり時の注意点

 

単身パックを扱っている引越し業者は少なくとも10社以上はあります。見積もり時の注意点としては、各引越し会社のホームページで電話やメールで見積もりをするのではなく、一括見積もりサイトを利用することです。

 

引越し価格ガイドのような一括見積もりサイトで、単身パックの相場を把握しましょう。単身パックで安い引越し業者は、日通、ヤマト、サカイあたりですが中小引越し業者で激安のところもあります。

 

一括見積もりの場合、大手だけでなくあまり名前を聞いたことがない中小引越し業者からも料金の見積もりをとることができます。

 

中小引越し業者は、大手に比べて単身パックの料金は安くなる傾向にあります。まず最初に中小引越し業者の料金を把握し、大手引越し業者と交渉しましょう。

 

交渉の仕方としては、◯◯引越し業者は見積もりで◯万円でしたので、そちらの引越し業者にお願いしようと思っている、旨を伝えましょう。

 

そうすると、最初に提示された金額が嘘のように値引きされて、◯◯引越し業者よりも若干安い金額で再見積もりされて提示されます。

 

その時に、一度すでに◯◯引越し業者にお願いする旨を言ったので、一旦電話を切って◯◯引越し業者に断りを入れる必要があるので、また電話をかけなおす旨を伝えましょう。

 

そして、◯◯引越し業者に電話をしたところ、さらに◯千円値引きしますと言われて迷っている旨を伝えましょう。

 

もし、そこまで安い金額なら難しいと言われるか、じゃあ即決してくれたらさらに◯千円値引きします、といった駆け引きをして最小的な見積もり金額を極限まで値下げしましょう。

 

上記の交渉をすれば、極限まで安くすることができます。引越し業者側からはあまり良くない印象ですが、少しでも安くするためには仕方ないですね。

 

交渉している時の電話対応で、引越し業者のスタッフが期限が悪くなったり、態度が悪くなったりしたら、その引越し業者にお願いするのはやめましょう。

 

搬送作業をするスタッフのレベルも低い可能性が高いので、荷物が雑に扱われたり、時間通りに来なかったりするなどのトラブルが起きることも想定されますからね。

 

以上、引越し見積もり時の注意点と交渉術でした。今後、引越す予定のひとは、試しにこの交渉術を駆使して、値下げをしてみてはいかがでしょうか?

 

単身パック

【単身パック】ヤマトの引越し料金と見積もり時の注意点


ヤマト引越し

 

クロネコヤマトの宅急便で有名なヤマトホームコンビニエンス。黒猫のマークで馴染みのある引越し業者ですが、このヤマトの引越しプランは他の大手引越し業者と比較しても、圧倒的に料金が安いです。

 

特に単身パックは1万円前半で引越しができるため、一人暮らしの単身のひとに絶大な人気があります。もともと宅急便だったこともあり、流通網がしっかりとあって格安で搬送できるインフラが整っています。

 

クロネコヤマトの単身引越サービスなら、段ボール箱が5箱程度プラス冷蔵庫、テレビ程度の荷物なら、単身引越miniプランで11,000円で引越しが可能となります。

 

さらにWEB割引、平日割引、2週間以上前に申込むと安くなる早期割引などがあり、各種割引を使うことで、もう1段階安い料金で引越しができます。

 

ただし引越しシーズンの3月、4月にかけては料金が割高になることもあるので注意が必要です。

 

ちなみにヤマトはクレジットカードで支払いが可能です。例えば、みずほマイレージクラブカードで決済をすると、引越し料金1000円につき2ポイントの永久不滅ポイントが貯まります。

 

ヤマトは単身パックは上述した通り、格安プランとなっていますが、家族の引越しの場合、割高だと感じるひとは多いです。また自宅に訪問見積もりにきた時に、なかなか帰ってくれない、コールセンターの対応が雑だったという悪評もあります。

 

感じ方には個人差もあるので、一概にヤマトが悪いと決めつけるのは早計ですが、悪い口コミはネット上で多く書かれているのも事実です。

 

また見積もり時の注意点としては、あまり値下げ交渉に応じてくれない引越し業者のため、単身パックで引越しをしたい時にヤマトだけに見積もりをしていた場合、相場価格がわからずに、高値で引越しをしてしまうこともあります。

 

ヤマトに直接見積もりの依頼をだすのではなく、引越し価格ガイドのような無料の一括見積もりサービスを利用して、複数の引越し業者へ見積もりをして相対的に判断をしたほうが賢明です。

 

これから引越す予定のひとは、一括見積もりサービスで相見積もりをして、最終的にヤマトの料金と比較して選ぶことが最も簡単にかつ安い料金で引越しができる方法です。

 

あまり自宅に営業マンを呼ぶと強引な勧誘で断りづらくなったり、せっかく来てくれたのに申し訳ないし、即決してくれたら安くするみたいだからお願いしよう!と情に流されてしまうと、後悔することになるので注意が必要です。

 

あまり交渉事が苦手で、弱気なひとは自宅への訪問見積もりをせずに、メールや電話で見積もりをして完結することをオススメします。

 

これから引越す予定のひとは、以上のことを注意して、自分にピッタリの引越し業者を選んでみてください。

 

単身パック

【引越し単身パック】日通の単身パックは料金が安くてオススメ


単身パックは、名前の通り単身者用の引越しプランとなっていて、特徴としては通常の引越し料金よりも圧倒的に安いということです。

 

単身パックは、一人暮らしの学生や社会人で荷物が少ないひと向けの激安プランです。通常プランだと5万円かかるところも、単身パックであれば2万円前後に収めることも可能です。

 

引越し料金は、移動距離の長さと荷物の量の多さ、引越す時期が繁忙期かどうか、の3点によって大幅に変動します。

 

つまり、長距離で荷物の量が多く2月3月の繁忙期で引越す場合、最も高い料金になります。さらに土日祝日に引越す場合、平日よりも高額になってしまいます。

 

ただでさえ引越しはお金のかかるイベント。引越し料金だけは、できるだけ安くしたいものですね。

 

単身パックは日通がオススメ

 

日本通運(以下、日通)は、引越し業者の中でも大手で老舗の会社となります。『大手だと安心して任せられるけど、料金が高いのでは?』と考えるひともいるかもしれませんが、日通は単身引越しに限っては、引越し業者の中でも安いと評判です。

 

日通の単身パックは、移動距離と荷物量に応じてプランをカスタマイズしてくれるので、後になって追加料金が発生することもなく、自分の状況に合わせたプランを選ぶことができます。

 

日通単身パック

 

引越しの作業時間が4時間以内であれば、単身パック当日便がオススメです。あとは、荷物量に応じてS、Lプランがあり、長距離引越しで大型家具などの荷物がある場合は単身パックXプランがオススメです。

 

日通の単身パックは、一人暮らしの少量引越しでかつ近距離引越し(5km圏内)なら1万5千円前後で引越しができます。もちろん、引越しシーズンの2月、3月であれば2万円を超えることもありますが、それ以外の月であれば2万円以内で引越しが可能です。

 

日通は大手にも関わらず、単身パックの料金が安いと評判の高い引越し業者です。しかし、ネットの口コミをみていると悪い評判もなかにはあります。

 

具体的にいうと、日通に見積もりをした時に電話対応をしているスタッフの対応が悪い、荷物の搬送中に壁や床に傷がついてしまった、ガラスのテーブルが破損してしまった、新居なのに作業スタッフの汗がポタポタ落ちて床が汚れたなどです。

 

日通ぐらい大手の引越し会社になると、作業スタッフは正社員からアルバイトまで幅広いため、もちろんしっかりとした教育制度はあるものの、やはり個人差はでてきます。

 

スピーディーでかつ丁寧なスタッフが担当であればラッキーですが、もし入社したばかりの慣れていない正社員やアルバイトのひとだと、態度や対応レベルにイライラしてしまうこともあるかもしれません。

 

他の引越し業者にも同様のことが言えるかもしれませんが、誰が担当するかは正直運次第のところもありますね。

 

中小引越し業者の場合、態度が悪いだけでなく追加料金や荷物が破損しても補償ナシなどの悪徳業者もあるので、やはり信頼できる大手の引越し業者に任せる方が無難といえるでしょう。

 

料金がリーズナブルでかつ作業スタッフの対応レベルが良いという点では、日通はバランスがとれていて選んでも失敗しない引越し業者のひとつと言えるでしょう。

 

もし単身引越しでどの引越し業者にしようか悩んでいるひとは、日通の単身パックで格安で引越しをしてみてはいかがでしょうか。

 

単身パック